Autodesk University Japan 2015

C-4 土木・インフラ・建築・建設

大成建設株式会社 設計本部 BIMソリューション室 室長 高取 昭浩 氏

企画段階でのRevit フル活用術

-Revit を活用し、コストダウンと創造時間の増大を実現するヒント-

大成建設株式会社
設計本部 BIMソリューション室
室長

高取 昭浩 氏

日本の建築業界においてBIMは導入期から普及期へと移行しつつあります。そのような現状を反映してか、AU Japan 2015のTrack C、建築・建設セッションにおいてBIMをテーマにした内容が全てを占めるという状況です。その様な中で「C-2」セッションは、大成建設 設計部 BIMソリューション室 室長の高取氏が登壇しました。高取氏は古くから設計業務のCAD化に尽力してきた人物で、Revitの導入も他社に先駆けて行いました。また同氏はプログラミングにも造詣が深く、AutoCAD時代からプログラミングによるカスタマイズで設計者にとって使えるツールを生み出してきました。そんな高取氏ならではのプログラミングによるRevitのカスタマイズが中心のセミナーと思われましたが、開口一番「プログラミング無しでもこれだけ使える」という事がセミナーの中心である事が語られました。

建築の企画設計段階から実施設計、施工を経てFMまでをBIMで繋げるBIMの理想型は、関係部署・関連会社の問題その他で全てを一気通貫に行う事は難しいのが実情です。そこで「まずはBIMによってコストダウンを目指しましょう」というのが高取氏の呼びかけで、BIMによって企画設計段階に力を入れ実施設計をスムーズに運ばせる事で、セミナータイトルで謳われているように「コスト削減」を行い、そこで生まれた時間を「創造時間の増大」にあてる事が可能になります。この事を様々な角度の事例を用いて高取氏は説明を行いました。

最初に大成建設では新人教育にも取り入れているというVRソフトとRevitのコラボレーションによるビジュアライゼーションの効果を水族館プロジェクト・学校プロジェクトの事例で説明しました。一般的な2D設計からCG制作(外注)といったプロセスでは、設計と外注業者の間でどうしても情報伝達のロスが発生してしまいます。また2Dでの設計プロセスのため外注が作るCGデータは設計者が最初に目にする3次元のモデルとなるため、2Dの時には認識出来なかった問題点にその時点で気づく事が多く、そこから設計及びCGの手直しが発生するためかなりの時間が浪費される事になります。結果的に最終的に出来るCGパースやアニメーションの質や量に不満が残るプロジェクトが多く散見されるのが一般的です。高取氏はチームをインハウスで構築し、設計を最初からRevitで行い情報伝達ロスを事実上無くす事で設計の創造時間を増やし、そのデータを処理が高速なVRソフトに繋げ短時間で多枚数のパースとアニメーションを制作する事で満足のいくアウトプットができたと言います。設計の上流からRevitによる3次元でプロジェクトを進めVRソフトを使ったビジュアライゼーションまでを繋ぐ事で大幅なコストダウンも同時に実現しています。BIMによる3次元での設計の利点として3Dプリンターによる模型制作にも触れ、会場で展示されている五重塔を事例に「3Dプリンターでなければコストダウンどころか同じスケールでは従来の模型は作れなかった」と解説しました。

ここで、世間で言われる「BIM化」という言葉に関しての注意点を高取氏が挙げます。BIM化と言った場合の多くは2D設計を経てBIMに持って行くと言う2Dの設計プロセスから離れられない仕組みから来る言葉で、これでは経費ばかりが嵩みBIMの恩恵には預かれないと言います。2Dに慣れ親しんだ者にとってBIMのハードルが高いという実情が見え隠れしますが、設計者のBIMへのハードルを下げるツールとして高取氏が社内で開発したRevitによる企画設計テンプレートでの実演がその回答を示します。Revitではファミリーの充実度が設計行為にとって重要なポイントになりますが、充実しているが故にファミリーの取り扱いが煩雑になるといった初心者には敷居が高まる状況があります。高取氏はこの事を逆手に取り必要最小限のファミリーでツールを構成し、バリエーションはインスタンスでカバーするといった仕組みで、BIMの操作に抵抗のある設計者にも取り組みやすいシステムを実現しています。実際に高取氏が会場でインスタンスを活用してドアやトイレのバリエーションを簡単に変更していきます。企画設計というBIM活用の場面を限定する事で非常に使いやすい直感的な操作ができる設計ツールが目の前で披露されていく様は会場を魅了していきます。こうして入力された整合性の取れたBIMモデルがあれば実施設計が楽になりコストダウンに繋がると高取氏は解説します。

こうしてRevitでの設計が加速していくと次に作成されたデータのシェアを行う事での協調作業が求められるようになります。とは言えRevit自体を使える人間は限られるという状況の中で、非常に効果的なツールとして高取氏が「是非お勧めします」と太鼓判を押すのがAutodesk A360です。Revit Structureで作成された鉄筋の3Dモデルを現場とシェアした事例を示し、その操作の容易さもさることながらクラウドへのアップロードの手軽さ、一般の携帯端末でも非常に軽く動くことなど実用性の高さが伺える内容です。更に推し進めて誰でも使えるコミュニケーションツールとしてA360Teamを同社の社内引っ越しでのレイアウト検討を事例に解説します。3Dビューワー+関係者のコメントというスタイルの誰でも使えて更にはスマホでもさくさく動く手軽さが物理的な場所に左右されない今後のコミュニケーションツールとしての可能性を垣間見せてくれます。

講演は実験的な試みを踏まえた内容に進み、先日発売されたゲームエンジンを使った新しいハードウェアレンダリングソフトのAutodesk StingrayとAutodeskLabsのPROJECT EXPOの話題へと移ります。Stingrayは、いわゆるゲーム系のミドルウェアに位置するソフトで柔軟な活用を行おうと思うとプログラミングが不可欠になるためハードルが高いと前置きをしながらも、素性の良さを生かしプログラミング無しで簡易に使用することでRevitのViewerとしての可能性を高取氏は挙げました。PROJECT EXPOはRevitデータをクラウドにアップする事で自動的にVRコンテンツをパブリッシュする仕組みで、会場でRevitのデータをPROJECT EXPOでパブリッシュしたものをウォークスルーという実演を行いました。ウォークスルー時にドアの前に立つと勝手にドアが開閉するなどの仕組みが実はクラウド上でシステムが勝手に行っているという事など興味津々の内容です。

プログラムによらないRevitの実践的な活用に始まり、BIMデータのクラウドによるシェアから更に進めてクラウドによるVRへと、限られた時間の中では情報満載の高取氏自身も話したいことの半分も話しきれなかった様子のセミナーは、終了後の来場者からの拍手と会場の熱気がその有為性を雄弁に物語っていました。

  • C_4セッションサムネイル画像1
  • C_4セッションサムネイル画像2
  • C_4セッションサムネイル画像3