CLOSE

Forge DevCon

PCから始まったインターネットの利用技術は、いまや最も身近なデバイスとなったスマートフォンやタブレットでも当然のように使われています。そして、一昔前には想像できなかったSNSによるコミュニケーションを生み出し、人々によって日々膨大な量のデジタルデータが生み出されています。Industry 4.0に代表されるIoT/センサー技術の普及も、爆発的な広がりを見せるデジタルデータの源泉となりつつあります。そういったさまざまなデジタルデータの保存場所として選ばれたのがクラウドです。クラウドに保存され膨大な量のビッグデータは、近年急速にすすんだAIの導入によって、いままで知りえなかった知識を、適切な人々に、適切なカタチで提供できるようになっています。
クラウドに「繋げる」ことで生産性や利便性の向上を目指す時代、設計/デザインの領域ではどうでしょう?

image

Autodesk Forgeは、クラウド接続から隔離されがちだった設計/デザインを、スマートに生かせる強力なプラットフォームです。オートデスクは、CADやCGソフトウェアだけでなく、いまや多くのクラウドサービスの開発で培った技術を、WebサービスAPIとして開発者に提供します。Forgeを利用する開発者は、デザインデータを中核にした新たなクラウドソリューションを生み出すことが可能になります。

Autodesk University Japanに併設されるForge Developer Conference、通称、Forge DevConは、そんなAutodesk Forgeの能力と可能性を余すところなくご紹介する、日本で初めてのコミュニティイベントとなります。Forgeで現在何が出来るか、また、Forgeはどこに向かっていくのかを含めた開発者向けの技術セッション、マーケティングやビジネス開発に携わる方へのヒントとなるユーザ事例セッション、また、Forgeパートナーによるブース展示まで、Autodesk University Japanへの参加費用で、すべてにご参加いただくことができます。

製造、施工が終了しても、設計時に作成されたデザインデータは Autodesk Forgeで「繋げる」さまざまに活用することができるのです。少子高齢化にともなう慢性的な人材不足のなか、政府主導の働き方改革も叫ばれています。デザインに携わるすべての方々へ、将来へのひらめきを Autodesk Forgeに見出してみてください。

Forge DevCon セッション

1日目:9月21日(木) 2日目:9月22日(金)
ランチセッション
(昼食付き)

12:15-12:55

BIM に Forge を使うアイデア

応用技術株式会社
ソリューション本部 執行役員副本部長
小西 貴裕 氏

12:20-13:00

BIM+FM 領域における Forge 活用の可能性

株式会社アイスクエアド
事業開発部 専務取締役
澤本 勇樹 氏
13:30-14:20

Forge はじめの一歩 : Forge Viewer 利用の開発手順をデモでご案内

オートデスク株式会社
Forge Evangelist
伊勢崎 俊明

Forge HFDM: what, why and how

米国オートデスク社
Product Development Group
Sr. Software Architect
カレル ブラニール
14:50-15:40

建設会社が Forge に見出すメリット(仮)

株式会社大林組
建築本部 PDセンター 課長
中嶋 潤 氏

車載から建築 BIM における Simulation、Digital Twin への挑戦

ローム株式会社
リファレンス戦略部 主席技術員
錦織 義久 氏
(ダイナミックイノベーション研究会発起人)
16:10-17:00

Forge を活用した構造物の劣化箇所の 3次元 台帳管理

株式会社日立システムズ
金融プラットフォーム事業部 ソリューション本部
クラウド基盤サービス部 第一グループ
鈴木 裕一朗 氏

BIM 360 & Forge : 建設プロジェクトで活用するための開発ガイド

オートデスク株式会社
Developer Evangelist
小笠原 龍司
17:30-18:20

BIM 360 & Forge : 建設におけるコラボレーションの将来に向けて

米国オートデスク社
デベロッパ テクニカル サービス
AEC テクニカル リード & アメリカズ マネージャー
原田 美佳子

Forge における VR、及び、AR/MR の取り組み

オートデスク株式会社
Developer Evangelist
伊勢崎 俊明
18:35-19:15

Forge 認定パートナー プログラムと日本での Forge 課金について

米国オートデスク社
Senior Director, Forge Partner Development
ジム クアンシ
1日目:9月21日(木)
ランチセッション
(昼食付き)

12:15-12:55

BIMにForgeを使うアイデア

応用技術株式会社
ソリューション本部 執行役員副本部長
小西 貴裕 氏
13:30-14:20

Forge はじめの一歩 : Forge Viewer 利用の開発手順をデモでご案内

オートデスク株式会社
Forge Evangelist
伊勢崎 俊明
14:50-15:40

建設会社が Forge に見出すメリット(仮)

株式会社大林組
建築本部 PD センター
課長 中嶋 潤 氏
16:10-17:00

Forge を活用した構造物の劣化箇所の 3次元 台帳管理

株式会社日立システムズ
金融プラットフォーム事業部 ソリューション本部
クラウド基盤サービス部 第一グループ
鈴木 裕一朗 氏
17:30-18:20

BIM 360 & Forge : 建設におけるコラボレーションの将来に向けて

米国オートデスク社
デベロッパ テクニカル サービス
AEC テクニカル リード & アメリカズ マネージャー
原田 美佳子
18:35-18:55

Forge 認定パートナー プログラムと日本での Forge 課金について

米国オートデスク社
Senior Director, Forge Partner Development
ジム クアンシ
2日目:9月22日(金)
ランチセッション
(昼食付き)

12:20-13:00

BIM+FM 領域における Forge 活用の可能性

株式会社アイスクエアド
事業開発部 専務取締役
澤本 勇樹 氏
13:30-14:20

Forge HFDM: what, why and how

米国オートデスク社
Product Development Group
Sr. Software Architect
カレル ブラニール
14:50-15:40

車載から建築 BIM における Simulation、Digital Twin への挑戦

ローム株式会社
リファレンス戦略部
主席技術員 錦織 義久 氏
(ダイナミックイノベーション研究会発起人)
16:10-17:00

BIM 360 & Forge : 建設プロジェクトで活用するための開発ガイド

オートデスク株式会社
Developer Evangelist
小笠原 龍司
17:30-18:20

Forge における VR、及び、AR/MR の取り組み

オートデスク株式会社
Developer Evangelist
伊勢崎 俊明

Autodesk University Japan 2017 への参加費用で、Forge DevConのすべてのプログラムにご参加いただくことができます。

展示

  • 株式会社アイスクウェアド

    統合型 BIM-FM ソリューション “ARCHIBUS”

    BIM と FM(ファシリティマネジメント)の連携ニーズに対し、 “Revit” と “Forge” そして統合型 FM システムである “ARCHIBUS” を組み合わせる事で、新たな BIM-FM が実現可能です。
    当社は “Forge” と “ARCHIBUS” による BIM を活用した新たな FM 運用を提案します。

    詳しくはこちら
    • 株式会社アイスクウェアド
    • 統合型 BIM-FM ソリューション ARCHIBUS
  • SCSK株式会社

    3DCAD と Forge Viewer の連携による 3D コンフィグレータ

    3D コンフィグレータの維持・更改にコストがかかっていませんか?
    当社ブースでは CAD モデルを Forge Viewer で表示させ、Web ブラウザで動作する 3D コンフィグレータをご紹介します。

    詳しくはこちら
    • SCSK株式会社
    • 3DCADとForge Viewerの連携による3Dコンフィグレータ
  • 応用技術株式会社

    BIM に Forge を使うアイデア

    “Autodesk Forge” を BIM の分野で活用するアイデアを開発事例とともに紹介します。BIM の情報を Web 共有することで得られる業務効率の可能性をご確認いただくとともに、皆さまとさらなるアイデアを語り合いたいと思います。

    詳しくはこちら
    • 応用技術株式会社
    • BIMにForgeを使うアイデア
  • 株式会社カブク

    PaintUp & Kabuku Connect

    MashupAwards2016 デザイン活用賞の受賞作である 3D お絵かきツール「PaintUp」と、Forge Viewer を実験的に使用した試作・特注品・技術購買のアウトソーシング「Kabuku Connect」の展示。

    詳しくはこちら
    • 株式会社カブク
    • PaintUp & Kabuku Connect
  • 株式会社日立システムズ

    劣化診断ツール(3次元 台帳管理)(仮)

    現在開発中の写真と 3次元 データを連動させて劣化を管理する 3次元 台帳管理システムを展示する。
    本システムでは、写真からの 3次元 データの作成および構造物の劣化箇所表示に Forge を利用している。

    詳しくはこちら
    • 株式会社日立システムズ
    • 劣化診断ツール(3次元 台帳管理)(仮)
  • 株式会社ユー・エス・イー

    近日公開

    詳しくはこちら
    • 株式会社ユー・エス・イー